山根暁のブログ

いつも山根暁のブログをご覧いただきありがとうございます。本ブログは平成25年1月17日にこちらに移転いたしました。
以前のブログはこちらのリンクからご覧ください。

カテゴリー別アーカイブ: ブログ

新潟県看護協会 新潟東支部、新潟西支部様の合同研修会で「ディズニースマイル!」


 

新潟県看護協会 新潟東支部、新潟西支部様の合同研修会で

 

ディズニースマイル!
笑顔のディズニー流コミュニケーション

 

キャプチャ

 

 

 

気持ちの良い接遇で患者様に安心して治療できる場を提供する一環。長年ディズニーランドでインストラクターとして実践指導を行っていた石坂秀己氏が、ディズニー流の接遇サービスを、わかりやすくディズニー流に楽しくお話します。また、自分だけが楽しく仕事ができるようにになるだけではなく、周りの人にも楽しさを伝染させる「笑顔テクニック」なども伝授。個々の力だけではなく組織としての接遇レベルが向上させるヒント等お話しさせていただきました。

 

時間:120分
人数:127名様

 

講師:石坂秀己氏
1969年生まれ。東京都出身。都立高校を卒業後、株式会社オリエンタルランドに入社、東京ディズニーランドのアトラクションの責任者として約15年勤務。研修インストラクターを兼任し、接客研修の基礎を築き上げる。退職後、アミューズメント業界への派遣を中心とした人材派遣会社に入社し、幅広く研修スキルを身につけ、さらに実績を積む。2005年、独立開業し、接客研修を中心としたビジネスモデルを構築するため「接客向上委員会&Peace」を設立、現在に至る。

 

 

キャプチャ2

 

 

【主な著書】
・『ディズニーランドが教えてくれたみんなが笑顔で働ける習慣』 こう書房
・『ディズニーランドで語り継がれる魔法の言葉33』 こう書房

 

61639_sml51O0xHicphL._AA160_

 

 

 


横浜の社会福祉法人様で 介護職のみなさんに ディズニー研修 石坂秀己氏


 

 

横浜の社会福祉法人様でディズニー研修

 

 

12244646_507293622768805_6092333715239633872_o

 

 

 

「ディズニー流コミュニケーションとは」をテーマにディズニーランドのサービスを超えたホスピタリティ。感動を超えたサービスの実践。その感動を支 える働く仲間のチームワーク。それらを支えるディズニー流のコミュニケーションの取り方、自ら進んで笑顔で働らくディズニーキャストが大切にしていることとは何かをセミナー形式でお話頂きました。

時間:13:00-15:00の2時間
対象:福祉施設職員様向け 
人数:64名

研修内容

●ディズニーにおける「おもてなし」コミュニケーションの考え方
●ディズニー流「コミュニケーションの原則」
・ディズニースマイル
素敵な笑顔には4つのポイントがある!
アイコンタクトは凝視しない
・ディズニーキャストの言葉遣い
普段からプラス言葉を積極的に使う
・ディズニーキャストの立ち居振る舞い
声をかけられたら、振り返る時は『デコルテ』を見せる
相手との位置は『情』のポジションで
●ディズニーキャストが大切にしてること7つ
(1)傾聴する。
(2)思いやる。
(3)励ます。
(4)支援する。
(5)信頼する。
(6)貢献する。
(7)友好的にかかわる。

●まとめ

 

 

講師:石坂秀己氏

 

fe8c6a5ba1fc37eed5cd537d3f98481a

1969年生まれ。東京都出身。
都立高校を卒業後、株式会社オリエンタルランドに入社、東京ディズニーランドのアトラクションの責任者として約15年勤務。研修インストラクターを兼任し、接客研修の基礎を築き上げる。退職後、アミューズメント業界への派遣を中心とした人材派遣会社に入社し、幅広く研修スキルを身につけ、さらに実績を積む。2005年、独立開業し、接客研修を中心としたビジネスモデルを構築するため「接客向上委員会&Peace」を設立、現在に至る。著書に「ディズニーランドが教えてくれたみんなが笑顔で働ける習慣」、「ディズニーランドで語り継がれる魔法の言葉33 がある。」

写真は石坂秀己氏よりお借りしました


2016年の新入社員研修 受付開始!  「新入社員の意識と行動を変える!」


2016年の新入社員研修
受付開始します

学生気分を抜き、新入社員の意識と行動を変える!

 

2016


 

≪到達目標≫

・ 社会人として必要なビジネスマナーの基礎を身につける
・ 社会人としての心構えを身につける
・ 前向きに努力する姿勢を身につける
・ 挨拶や返事は、ハキハキ大きな声で実施できるようになる
・ 個人プレーでなくチームワークを大切にする協調性を身につける

 

 

 

 

 

 

 

22